オンラインショップ

ディステルの歩み

ディステルの誕生

初代店主がフランクフルト初の有機食品の店を開いたのは1970年。

当時、自然農法と言えば宗教色が濃く、一方でヒッピーと呼ばれる人たちに支持される特異なカテゴリーでした。

 

他に類似した店舗がなかったことから、1987年に現在の場所へ移転した際には、正規雇用の従業員を多く抱える店に成長。対面販売でチーズやハムも扱い、品物は仕入れても仕入れても間に合わない。

そんなサクセスストーリーがありました。

 

が、急激な成功は人間関係を複雑にしてしまいます。

従業員が店を離れ出した時期から、世の中の大手資本が続々とBIOに参入して来ました。

 

やがて店は転売。二代目は事業を縮小して、ディステルは店主一人の「ワンマンショップ」となります。

 

その後、店の付近に大型BIOスーパーマッケットが二店も開店してますます厳しい状況となり、経営は更に悪化。二代目は郊外の住宅地へ引っ越しました。

 

三代目はグラフィックデザイナー。

フランクフルト在住の恋人を追って、北ドイツのハンブルグから来ました。

衣食住が足りればいいというBIO的なスタンスと微笑みで、静かに店を続けました。

四代目は日本人

2011年。三代目もまた、経営に行き詰ります。

ある日、店のドアには「お客さんを大切にしてくれる後継者募集」という紙が貼られました。

 

人づてにこの話を聞いたとき、まさか自分たちが引き継ぐことになるとは思いませんでした。

むしろ、実務経験のない外国人が、専門店の経営などしてはいけないと考えたほどです。

 

このような時期に、ある大きな出来事が起こりました。

それは2011年3月11日に起きた東日本大震災です。

 

宮城、岩手に親類縁者が多く住まうわたしたちは、その消息がつかめなかった直後の10日間、昼夜を問わず衛星放送とネットのニュースを見続け、出来る限りの方法で行方を探しながら、水や食料が足りないという現実を目の当たりにします。

 

水と食料は生きるために必要な条件です。

シンプルで、一番大切なものです。

 

それを扱う仕事が持つ意義や使命を感じました。

 

繰り返し映し出される津波の映像に衝撃を受けながら、一時的にせよ、店の倉庫を被災した方々に使っていただけるのではないかとも考えました。

 

幸いそうした事態には至りませんでしたが、この出来事がわたしたちを奮い立たせたのです。

2011年からのディステル

2011年3月末、片倉店長は先代の下、無給・無休で働くという、まさに体を張った修業に励みます。

6月、品数の少ない、蜘蛛の巣だらけの暗い店は、わたしたちの名義になりました。

その1か月後、業務用冷蔵庫を振り出しに、3代目から買い取った機器や備品が次々と壊れていく事態が発生。

当時はコスメを仕入れることなど、とても考えられませんでした。

 

2012年からは「オーガニックで健やかに美しく」という願いを込めて、お茶とコスメを徐々に増やしはじめます。

 

2013年には日本人スタッフを採用、初の5人体制になりました。

しかし、手作りのネットショップをスタートさせた直後の7月7日、窃盗事件が発生。全てのPCと周辺機器、データ、プロジェクターを失います。

プライベートでは長く寄り添い続けてくれた愛犬が永眠。

その悲しみを救うべく、ドイツ生まれの柴犬、ラクがやって来ました。

 

2014年は地道に試飲を重ねてワインを買い足し、100種類まで揃えます。

物置だった部屋をセミナールームに改造してワインセミナー、アロマオイル講座、料理教室、ドイツ語・英語コースを開始。

ラクはいつしか店のマスコット犬になりました。

 

2015年、チェコ生まれの黒柴そのがラクの相棒に。

 

2016年3月、混迷期から支えてくれたスタッフ、明日香を正社員として迎えることができました。

ページトップへ