オンラインショップ

日焼け止めについて

SPFとは?

SPFとは「Sun Protection Factor」の略で紫外線防御指数を意味します。

ドイツ語では「Lichtschutzfaktor」となり、これを略してLSFと表記します。

 

いずれもUVB波の防止効果の指標で、 紫外線を浴びた際に皮膚に赤い斑点ができるまでの時間を何倍遅くできるかを表したもので、ブロック力の強さではありません。

 

ですから、SPF30=LSF30の日焼け止めは「赤い斑点が現れるまでの時間を30倍に延ばすことができる」ということになります。

普通肌の方にそのような症状が出るまでの平均は20分。

 

したがって、LSF30の日焼け止めクリームを塗った場合は:

      20×30 = 600分

           = 約10時間 

           = 1日中日焼け止め効果が期待できる

 

つまり、LSF30で1日、LSF20で半日がカバーできるのです。

肌にやさしい日焼け止め

LSFの数値が高い製品には肌への負担をかける物質も多く含まれています。

香りと使い心地にどこか違和感を覚えた方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ディステルではオーガニックの植物を原料とした製品だけを揃えております。

 

肌になじむフルイドタイプ、細胞質まで届いて守るDNAプロテクト、超敏感肌の方用の薬用LSF50などテスターで「相性の良い日焼け止め」をお探しください。


お子様用の日焼け止め。

ダドセンスの製品はドイツの皮膚科医が監修し、開発されています。防腐剤、着色料、香料不使用で、デリケートなお子さまの肌にも安心してお使いいただけます。


SPF30とSPF50がございます。





ページトップへ